物を9割捨てれば、家づくりのプランが変わる。

新築一戸建てを考えている人に、ぜひ前もって知って欲しいのが、

物を8~9割捨てれば、家づくりのプランが、ガラッと変わるということです。

せめて半分以上捨てれば。

普通、家づくりを考える時には、

今住んでいる家(賃貸でも同じ)にある荷物が、収まるように計画してしまいがちです。

多少は捨てることを考えていたとしても、その割合は少ないはず。

人は思い出のあるものが捨てられないからです。

または、いつか使うだろうと考えている物は捨てられない。

心当たりはありませんか?

私も家を建てる時に、最初は荷物が収まる間取りを考えていました。

本がこれくらいあるから、本棚がいくつ必要だとか、

洋服の収納がこれくらいは必要だろうとか。

でも途中で、それは間違いだと気づきました。

荷物のほとんどを新しい家に持ち込もうとすると、

とんでもなくコストがかかることがわかったからです。

「今の荷物はコストに見合うほど価値はあるのか?」

と再度考えた抜いた結果、

9割以上の荷物は、捨てることにしました。

必要だと思っていた本棚や収納などが不要になると、

当然、コスト削減になるので、見積もりが安くなります。

この経験から、不用品、ガラクタはもちろん、

余計な荷物を処分すれば、家の間取りがかわる、

そしてプランが変わることを実感しました。

それにガラクタを捨てると、人生が変わるとか、好転すると言いますよね。

家の間取りを設計する前に、先に捨てることを考えてみてください。

住宅が完成してから後悔しても遅いですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。