新築一戸建てに引っ越す見積もりを取る。

新築一戸建てが完成したら、いよいよ引っ越しの準備ですね。

新しい住居が近くて、親戚や友人などが手伝ってくれる場合は、自力でも引っ越しできるでしょう。

でも普通は引っ越し屋さんに頼むことになると思います。

我が家の場合は、近場だったのですが、家具など大きな荷物が多いので業者に依頼しました。

引っ越し業者も大小様々です。

インターネットで探してみると・・・

テレビでCMをしている全国規模の会社から、地域密着型の会社までいろいろ見つかります。

もちろん価格やサービスもかなり違います。

特に引っ越しは、頻繁に行うものではないので、

一般人には相場が分かり難いものです。

私の引っ越し経験から言うと、

引越しの見積りは、3社以上から取ることをおすすめします。

最低でも2社からは取った方が良いです。

予想以上に差があるからですw

ちなみに引っ越し業者の最初の値段提示は、かなり高めな感じがしました。

交渉するとだいぶ安くなるようですが、最初からそれを見越しているのでしょうかね。

なんと半額近くになることもありましたよ。

人員数、曜日、時間帯、トラックの大小、距離などで、いろいろ調整できると理由を言っていましたが。

だからこそ複数の見積もりを取らないと、料金の基準がわからないのです。

作業中、輸送中の傷に対する補償や、細かいサービスなどに違いがあります。

例えば不用品の回収、リサイクルをしてくれるかも大事です。

我が家では、古いパソコンをリサイクルで回収してくれるのは助かりました。

どこに持っていけばいいのか悩んでいましたから。

また引越し先で使う家電などの販売を、パンフレットで行なっていることもありました。

いろいろ考えるものだなーと感心しましたw

それにしても引越し屋さんの営業マンは、独特の雰囲気がありますよねー

気を付ける点は、「今すぐ契約するならこの価格で」と、

強引に契約する業者は避けたほうが無難でしょう。

本当に良い業者なら、後日でも引き受けてくれます。

それがお客目線のサービスなのですから、当然のことではあるのですが。

引っ越しのドタバタで焦っていると、気付きにくいので、注意してくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。