新築一戸建て 太陽光発電システムの導入について。

新築一戸建て を建築する時に、太陽光発電システムを導入することが多くなってきました。

大手のハウスメーカーも、太陽光発電システム の導入には積極的です。新築に標準装備したり、市場価格よりも、かなり安く導入できるように、キャンペーンを行なっている会社もあります。

また、太陽光発電システムに対する、国の補助金制度が復活したことで、さらに導入しやすくなっています。

今回の補助金は 1kwあたり 7万円となっています。例えば 3kwの太陽光発電システムを導入すると、21万円が補助されることになります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。
太陽光発電 国の補助金制度が復活し、募集が始まっています。

地方自治体でも、独自に助成金制度を設けていることがあるので、併用すると、もっと安くなるかもしれません。

太陽光発電は、無尽蔵に降り注ぐ、太陽光をエネルギー源として、電気エネルギーを生み出すシステムです。

太陽光は、再生可能な自然エネルギーなので、地球温暖化の原因と言われている、二酸化炭素の削減にもつながります。

太陽光発電システムを住宅に導入すると、光熱費を削減できます。オール電化住宅にすると、さらに省エネ効果を高めることができます。

自分の家で消費する電力を、屋根で発電できるなんて、何だか楽しいですよね。

液晶の電力モニターを付けると、リアルタイムで、発電量、消費電力、売電量、買電量がチェックできます。

太陽光発電システムを導入した家庭では、環境問題に対する意識が高まり、節電を心がけるようになるといったメリットもあるようです。

太陽光発電システムは、既存の住宅に取り付けることもできますが、新築時には屋根と一体型のものを使用することも可能で、デザイン的にも優れています。

太陽光発電は、発電量が多く、価格の高い昼間に、なるべく多く売電したほうが有利です。

したがって、昼間は留守で、電気料金の安い夜に、家事を集中して行なっている家庭には、ピッタリです。

また、太陽光発電システムは、地震などの災害時の非常用電源としても有効です。もし電力会社からの供給が途絶えても、太陽光発電で発電した電気を、自宅で使うことができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。