新築一戸建て 住宅業界の価格の仕組みについて。

新築一戸建て を建てる時に、一番気になるのが価格です。

新聞広告やチラシの広告には、価格が表示されていますが、これが一般の人には、とても分かり難いです。

比較しようと思っても、各社でどこまでが価格に含まれているのか違うため、簡単にはできません。

そこで今回は、住宅業界の価格の仕組みについて説明します。

まず、新築一戸建ての価格には、「本体価格」と「引渡し価格」があります。

本体価格というのは、本体工事のことで、そのままでは住むことができません。それに対し、引き渡し価格というのは、設備が整い、すぐに住める状態での価格です。

例えば、30坪で坪単価60万円の広告があったとします。

これが引渡し価格なら、1,800万円(30坪 × 60万円)ということになります。

でも本体価格なら、以下のようになります。
本体価格 1,800万円(30坪 × 60万円)
その他費用 400万円(仮に)
合計 2,200万円

実際の坪単価は、約73.3万円で、13.3万円も高くなります。
2,200万円 ÷ 30坪 = 約73.3万円

その他費用には、カーテン、照明器具、外溝工事、設計費用、諸費用(登記費用など)が含まれます。地盤によっては、基礎補強が必要なこともあります。

「これは安い!」と思ったら、最終的な価格はそれほど安くなかったということもよくあります。

次は坪単価についてです。

坪単価は、延床面積で表示されている時と、施工面積(工事面積)で表示されている時があります。

延床面積とは、全ての階の床面積の合計のことです。

施工面積とは、延床面積にベランダ、玄関ポーチ、デッキなど、壁がない部分を含めた面積のことです。

もちろん延床面積より、施工面積のほうが大きくなります。

実は大きな施工面積のほうを使って、価格を割ったほうが、坪単価は安く見せることができます。だから施工面積で坪単価を計算していることがあります。

したがって、坪単価を比較する時は、それが延床面積なのか、施工面積なのか考慮する必要があるのです。

このように、住宅業界特有の表示方法があるため、一般の人にとっては、とてもわかり難くなっています。

新築一戸建てにどんな費用がかかるかは、大手ハウスメーカーなら、すぐに資金計画書を作成してくれるので、その内訳を見ればわかります。

分からないところがあれば、営業マンに質問すれば、教えてくれます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。