新築一戸建て 省エネルギーを考えた家づくりについて。

新築一戸建て を建築する時に、省エネルギー について考えた設計にすることで、快適で光熱費が少なくて済む家になります。

省エネルギーの基本は、「夏は涼しく」、「冬は暖かい」ことです。

夏涼しければ、冷房の使用を抑えることができます。同じように冬暖かければ、暖房の使用を抑えることができます。

・断熱性を高める
せっかくエアコンで冷暖房しても、断熱性が低い住宅だと、屋根、壁、床、窓から熱が移動してしまいます。

最近は、断熱材を使用した住宅が増えています。断熱材を使用すると、温度差のある外の影響を受けにくくなります。

断熱材



・換気に気をつける
現在の住宅は、断熱性や気密性に優れているのですが、逆に空気が循環しにくくなっています。そのため換気には、気をつけなければなりません。

換気が不十分だと、結露やカビ、ダニが発生する原因になるので、健康によくありません。

換気の基本は、窓を開けることです。夏は帰宅した直後に換気をするだけで、室内の温度がグッと下がります。

風が南側の窓から入り、北側の窓から出る流れが良いと言われています。南側の暖かい風が入ったほうが良いからです。

室内の風の流れは、窓の位置によって大きく変わります。したがって、設計の段階で決まってしまうため、最初から換気を意識したつくりにしましょう。

留守にすることが多い家や、住宅が密集していて、窓を開けることができない環境では、自動換気システムも有効です。

自動換気システム



太陽光はクリーンで無尽蔵の自然エネルギーです。その太陽光を利用したソーラーシステムがいろいろ考え出されています。

以下のシステムを組み合わせると、家庭内で使うエネルギーの大半をまかなえるので、光熱費を抑えることができ、省エネルギーにもつながります。

・パッシブソーラー
パッシブソーラーは、一番簡単なソーラーシステムです。床にコンクリートなど、熱を吸収する材質のものを敷くだけです。

昼間に太陽の熱をコンクリートに吸収させ、夜に放出することで、夜間の室温を上げることができます。

夏は太陽の位置が高いことを利用して、屋根でコンクリートに日が当たらないようにします。冬は太陽の位置が低いため、室内まで光がよく差し込むため、熱を吸収することができます。

・OMソーラー
OMソーラーは、さらに太陽熱を効率的に利用したシステムです。まず屋根に設置した集熱パネルで、太陽光を吸収します。集めた熱で、空気を暖めて循環させたり、水を暖めれば、キッチンやお風呂で使うことができます。

また熱は床下に設置したコンクリートなどで保温し、夜間に放熱することもできます。

OMソーラーの家


太陽熱温水器



・太陽光発電システム
太陽光発電は、太陽光を直接電気に変換することができます。太陽電池で発電した電気は直流です。パワーコンディショナーという装置で、交流に変換すると、家庭内の電化製品で使うことができます。

余った電気は、電力会社に売電することができます。

詳しくは、太陽光発電 初心者入門 をご覧ください。


風力もクリーンで無尽蔵の自然エネルギーです。

・風力発電システム
一般家庭向けには、太陽光発電ほど普及していませんが、最近では家庭に取り付けられる風力発電機も増えています。

詳しくは、風力発電 初心者入門 をご覧ください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。