新築一戸建て ショールームを見学してみよう。

新築一戸建て を検討する時は、キッチン、バス、トイレなど、住宅設備のショールームを見学してみましょう。

ショールームとは、商品を並べた展示室のことです。

ショールームの見学は、新築一戸建ての建築が決まってからでもかまいません。でも検討中に住宅設備を見ることで、イメージが具体的になるので、とても役立ちます。

商品カタログだけでは、わからないこともあるので、ショールームの見学をおすすめします。

キッチン、ユニットバス、トイレ、洗面化粧台などの水回りは、価格も高く、住宅の満足度にも大きく影響します。そのため、ほとんどの住宅設備メーカーが、ショールームを用意しています。

ハウスメーカーや工務店は、取引先の住宅設備メーカーを、何社か持っています。住宅設備を決める時は、カタログから選択できるようになっている場合が多いです。

大手ハウスメーカーの場合は、入札により住宅設備メーカーを決定します。工務店の場合は、相見積もり(合い見積もり)をとって、価格を比較します。

特に大手ハウスメーカーは、全国規模で大量に仕入れるため、ハウスメーカーの標準仕様のキッチン、バス、トイレなら、安く導入できるメリットがあります。

工務店でも、年間である程度のまとまった取引があれば、通常より安く仕入れられるケースがあります。

どちらにしても、リフォームなどで、個人的にショールームに行くよりは、ずっとお得です。

したがって、ショールームを見学する時は、建築してもらおうと考えている、ハウスメーカーや工務店の営業担当者に、取引先の住宅設備メーカーのショールームを紹介してもらってください。

住宅設備メーカーは、それぞれ得意分野を持っています。キッチンに強いメーカー、トイレに強いメーカー、ユニットバスや洗面化粧台に強いメーカーなど様々です。

でも最近は、境目があまりなくなってきました。キッチンのメーカーがユニットバスを扱っていたり、トイレのメーカーがユニットバスや洗面化粧台も扱っていたりします。

水回り商品の品質は、標準タイプをカタログから選ぶ範囲では、大手ハウスメーカーでも、工務店でも同じです。

しかし大手ハウスメーカーの場合は、オリジナル仕様に工夫していたり、大量に仕入れられるメリットを活かし、価格を安くできるなどのメリットがあります。

ハウスメーカーのカタログに掲載されていない商品を取り付けることも可能ですが、価格がかなり高くなります。

大量に仕入れる商品と、一つだけ仕入れる商品では、もちろん差があります。2倍くらいにはなると考えたほうがいいでしょう。

水回りの商品は高いので、2倍といっても、すぐに百万円くらいの差が出ます。出来るだけハウスメーカーが指定した住宅設備を導入したほうが、お得です。

そのため、妥協できる部分と、絶対にこだわりたい部分を区別するとよいでしょう。

例えば、トイレやユニットバスは標準仕様でもかまわないが、「キッチンは良いものを導入したい」といった感じです。

逆にトイレやユニットバスを、グレードアップしたい場合もあるでしょう。

それぞれの家庭の生活スタイルによって、どこに力を入れるか、予算の配分が違ってきます。

カタログでは狭いかなと思っていても、ショールームで実物を見ると、「これで十分」と思うこともあります。

ショールームを有効に活用すれば、新築一戸建てのイメージが具体的になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。