完成見学会や建売住宅を見学する時のポイントとは?

新しい住宅地では、多くのハウスメーカーが参入しています。土日には新築一戸建ての完成見学会や建売住宅の見学を行なっています。

そのため効率よく見学することができるので、とても便利です。

そこで今回は、ハウスメーカーを比較する時のポイントについてまとめます。

同じ日に複数のハウスメーカーの物件を見学することで、いろんな特徴が見えてきます。

例えば、断熱効果です。鉄骨造、木造、鉄筋コンクリート造では、体感温度がまったく違います。

同じ鉄骨造でも、使っている断熱材によって差があります。

断熱効果は驚くほど違うので、できれば夏の暑い時期と、冬の寒い時期の両方を体験しておくとよいでしょう。

春や秋の気候の良い時期では、わからないことがあるからです。

夏でも、午前中は少し涼しいので、午後の暑い時間帯が一番わかりやすいです。

常駐している営業マンは、部屋の温度に慣れていて気付きにくいのですが、他社の住宅を見学してきたお客様は、温度変化に敏感です。

営業マンに「木造は涼しいですよ」と言われても、お客様は蒸し暑いと感じている場合もあります。

クーラーが動いていると、もちろん快適なので、一時的に停止してもらうとよいでしょう。
(他の見学者がいない時)

また、営業マンは、自社製品の優れている面を強調し、他社の欠点を指摘するものです。

木造がメインの会社は、鉄骨造の欠点を指摘します。逆に鉄骨造がメインの会社は、木造や鉄筋コンクリート造の欠点を指摘します。

お客様の立場からみると、意見が違うので混乱します。

シロアリ対策についても意見が違います。

一般的に木造は、シロアリに弱いというイメージがあります。でも弱いからこそ、何重にも対策が行なわれているため、逆に強いのだそうです。

コンクリート造のほうが、対策が不十分なため、シロアリの被害が多いという意見もあります。コンクリート造といっても、室内は木材を使うからです。

各社の営業マンは、自社製品に関しての知識は深いのですが、他社製品のメリットについては、勉強不足な点もあります。

意外とお客様のほうが、複数の会社を見て回り、客観的に比較しているので、詳しい場合があるのです。

優秀な営業マンは、他社製品のメリットもよく理解していて、その上で自社製品の考えやメリットについて説明します。

「確かに○○社の△△は優れています。」
「でも□□の部分を変えると、もっと良くなります。」
「当社の製品では、このような方針で考え、建築しています。」

というような説明をしてくれると、思わず納得してしまいます。

他社製品の欠点だけを言う営業マンよりは、ずっと信頼できます。

新築一戸建ての完成見学会や建売住宅は、営業マンとの出会いの場でもあるのです。

もしかしたら、その営業マンが、あなたの担当になるかもしれません。

住宅の品質や会社の健全性はもちろんですが、営業マンもハウスメーカーを決定する重要な要素なのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。