新築一戸建て その建設会社で10年以上経過した物件を見ることが大事。

新築一戸建てを検討し、ハウスメーカーを決める前に、その建設会社で10年以上経過した物件を見ることをおすすめします。

なぜなら、どんな家でも年数が経過すると、確実に劣化するからです。

家の屋根や外壁は、10年~15年以上すると補修が必要な場合があります。

ハウスメーカーが使用している材質によっても、状態がまったく違ってきます。

各社びっくりするほど違います。

家の中は見ることができなくても、外観だけは確認してください。

屋根の黒ズミや外壁の色あせ、外構のひび割れなど。

もちろん補修する前の状態です。

メンテナンス済みだと、違いがわかりません。

モデルハウスや、新築住宅の完成見学会では、新しい物件しか見ることができません。

新築の状態なら、各社の住宅を比較しても、外見はそれほど違いがありません。

でも10年以上も経過すると、かなり違いが出てきます。

新築の時は安くても、後々のメンテナンスまで考慮すると、逆に割高になることもあります。

少なくても30年、できれば50~60年くらいのスパンで考えるとよいでしょう。

大手ハウスメーカーでは、最近は50年以上持つと言っていますので。

それに長期優良住宅の流れもあり、家の寿命は延びる傾向にあります。

自社の住宅に自信があり、施主さんと良好な関係にある会社なら、見せてくれるかも知れません。

逆に新築後のサポートをしていなかったり、売りっぱなしの会社では、見せることができないでしょう。

だから判断の目安にもなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。