新築一戸建て 天井の高さを上げると広く感じます。

新築一戸建てでは、天井の高さを上げると、開放感が出て、広く感じます。

同じ部屋の広さでも、天井の高さによって、イメージがだいぶ変わります。

もし新築一戸建てで、天井の高さを迷っている時は、高くすることをおすすめします。

日本の新築住宅では、室内の天井高が、240cm~250cmが多いです。

中には260cm以上の物件もあります。

240cmから上は、少しの変化でも、部屋の広さの感じ方に大きく影響します。

天井の高さが5cm違うだけで、圧迫感がまるで違います。

10cmの差があれば、はっきり分かります。

ただ、個人の身長や、育った環境、感じ方にも差があります。

そのため、どの高さがいいのかは、一概には言えないところがあります。

私個人の意見としては、天井は高いほうが好きです。

できれば250cmは欲しいところです。

例えば、天井高が240cmで、室内の照明がシーリングライトのケースを考えてみましょう。

シーリングライトだと、照明器具の厚さがあるため、位置がさらに下にくるので、近すぎる感じがします。

最近は薄型のシーリングライトもあるので、気にならないという人もいるかもしれませんが。

光を天井や壁に当てる間接照明という手もあります。

また照明にダウンライトを使えば、天井の低さは、だいぶ解消されます。

でもダウンライトだけだと、部屋の明るさが足りないかもしれません。

私の感覚としては、天井高が240cmだと、一戸建て住宅でも、室内はマンションのようなイメージに感じます。

デザインによっては、都会的でオシャレな感じはしますが、一戸建てという感じではありません。

あくまで私の個人的なイメージです。

天井の高さは、実際にモデルハウスで比較してみるのが、一番確実です。

2階建て住宅の場合、1階の天井を高くして、2階は低くしている場合があります。

1軒で天井の高さを比較できるので便利です。

時間を開けると、イメージが薄れてしまうので、同じ建物か、隣同士で比較できれば最高です。

特に平屋の新築一戸建て住宅なら、天井は高めにしておいたほうがいいかも。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。