新築一戸建て 天井の高さを上げると、変わるものについて。

新築一戸建てを考える時に、迷うものの一つに天井の高さがあります。

好みにもよりますが、天井高は高いほうが開放感があり、部屋の広さが広く感じます。

特に平屋だと、天井が高いほうがいいかも知れません。

ただし低いほうが安心感のある人もいるので、一概には言えません。

新築住宅の場合、天井の高さを上げると、変わるものがあります。

まず、天井を高くするコストがかかります。

大手ハウスメーカーの場合は、坪単価1万円アップくらいで考えておくとよいでしょう。

天井自体は、坪単価7千円~8千円くらいで、高くすることができます。

それ以外にも内部の設備が変わる可能性があるので、多少プラスされます。

もちろん会社によって費用は変わります。

もっと少なくて済む場合もあるでしょう。

しかし多少は価格アップになることは、間違いありません。

また、家の内部でも、天井を上げることによって変わるものがあります。

サッシ(窓枠)の高さが変わる可能性があります。

天井が高くなることで、掃きだし窓は、丈の高いサッシが入れられるようになります。

すると外の景色がより見えるようになるので、開放感が増します。

もし予算が無ければ、サッシはそのままの高さでもかまいません。

実際に天井を上げても、サッシはそのままというケースもあります。

例えば和室などでは、落ち着きを出すために、わざと窓を小さくすることがあります。

窓が小さいほうが、安心感があるからです。

次に家全体の小窓や出窓をどうするかという問題があります。

掃きだし窓とのバランスを考えて、大きくするか、そのままでもかまいません。

大きくすると、窓の鍵の位置などが影響してきます。

窓の配置も上下しないといけません。

リビングダイニングと和室がつながっている間取りでは、間のパーティション(間仕切り)をどうするか考える必要があります。

仕切りを高くすると、部屋につながりができるので、広く感じます。

これもそのままでもかまいません。

また住宅の天井高を上げても、ドアのような建具の高さは変えないことが多いです。

ドアが高すぎると、逆にバランスが悪くなるので。

本棚やキッチンの収納なども、そのままのことが多いです。

あまり高くしても、使い勝手が悪くなるからです。

「収納を増やしたい」などの明確な目的がない限りは、そのままで良いと思います。

このように新築住宅の場合、天井高を上げると、いろいろ検討することが出てきます。

それも新築住宅を作る楽しさの一つではありますが。

ご予算に合わせて、何を高くするのか、じっくり考えるとよいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。