新築一戸建て 見積もりの価格は、意外と安くなる。

新築一戸建て見積もり価格は、意外と下がります。

初期に提示された見積書の10~15%くらいは、安くなることがあります。

どれだけ下がるかは、もちろん会社によって違います。

また、競争相手がいる場合と、いない場合でも違いがあります。

大手ハウスメーカーでも、地元の工務店でも、家を一軒建築した場合の利益率というものがあります。

利益率は、住宅の工法、使っている材料の仕入れの仕方、人件費などでも、大きく違いが出ます。

例えば、大手ハウスメーカーの鉄骨住宅の場合、利益率は大きいと言われています。

ハウスメーカーも株式会社ですから、当然利益を出さなくてはいけません。

社員の給料や、会社の経費が必要だからです。

チラシや新聞広告、CMなどの宣伝広告費にも費用がかかります。

また、株式会社の株主にも、配当を出す必要があります。

これらのお金を捻出するためには、ある程度の利益率が必要です。

そしてその利益率は、結構多めに設定されています。

実際、ハウスメーカーが、お客様に見積もりを出すまでには、結構経費がかかっています。

営業マンの人件費や、設計士の人件費、書類作成や調査などにもお金がかかります。

もし受注できなくて、ゼロになるなら、多少は値引きしたほうが、会社にとってプラスになることもあるわけです。

だから許容範囲なら、値引きしてくれます。

どれだけ値引きしてくれるかは、社員の立場によって違います。

営業マン、その上司、支店長クラス、工務店なら社長など、それぞれ権限が違うからです。

安くならないか、何度か交渉してみてください。

意外と安くなることもあります。


【補足】
最初から値引きすることを前提に、見積書の価格を高くする会社もあるので、注意してください。

逆に良心的な会社では、適切な利益率を上乗せしていて、その利益率の範囲で、値引きしてくれます。

利益率の範囲で調整するので、品質が悪くなることはありません。

材料費で調整するのは、良い会社とは言えません。

また最初から、ギリギリの見積もり価格で提示してくれる会社もあります。

そういう会社は、信頼できますよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






新築一戸建て 入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。